二次会で素敵なワンピースを着て差をつけよう

二次会の服装は、その会場がどういった雰囲気なのかによって変わってきます。ホテルやレストランなどフォーマルの感が強い場所では、結婚式ほどではなくてもそれなりのドレスコードに沿った装いが必要です。一方カフェや居酒屋などカジュアルな場所でも、お祝いのパーティーですからあまりにも気の抜けた普段着では配慮に欠けます。女性の場合は、よそ行きの服装としてワンピースを選ぶことが多いです。ワンピースが一枚あれば、あとは小物を足すぐらいのことなのでコーディネートしやすく、制約の多いフォーマルスタイルも簡単に仕上がるからです。二次会では、柄ものや装飾も取り入れることができます。二次会だからこそできる自分らしい華やかな装いで、お祝いのパーティーをとことん楽しみましょう。

フォーマルな会場に着ていくなら

フォーマルの色が強いホテルやレストラン、宴会場が会場の場合は、ドレスコードを意識しなければなりません。会場の雰囲気を十分把握して、フォーマルまたはセミフォーマルできちんと正装します。しかし、あまり肩肘張ったコーディネートでは逆に浮いてしまうことがあります。フォーマルな場とはいえ少し遊び心を加えると二次会らしくなるでしょう。デコルテから肩まで全て出すもの、ミニ丈のものなど過度な露出を避ければ無難です。ワンピースは、それ自体がきちんとフォーマルに適したデザインであれば、おおむね服装マナーは守られます。本来フォーマルは無地が基本ですが、上品な柄を取り入れたり少し色味の強いものを選んだりして、自分らしい遊び心を添えるとより華やかな印象になります。少しだけ変化をつけたいのなら、袖や裾が特徴的なデザインを選ぶと簡単です。

カジュアルな会場に着ていくなら

ラフに盛り上がりたいということで、普段行くようなカフェやバー、居酒屋などが会場になる場合があります。案内に「平服で」と記されていることも多いですが、だからといってTシャツにデニムといったカジュアルすぎる普段着は一般的に印象が良くありません。セミフォーマルか、会場によっては「セミカジュアル」「スマートカジュアル」というような服装が適しています。ワンピースもシルクやサテンではなく、カジュアルな素材のものが選べます。素材を選ぶ際は、麻や綿の印象が強すぎるものはパーティーにふさわしくないので避けましょう。また柄ものや大ぶりな装飾を取り入れると、個性的でより華やかです。色については、お祝いの場ですから全身真っ黒はふさわしくありません。彩り豊かに、かつ上品な色合いを選びましょう。