二次会にワンピースで参加する際の注意点

この記事では、結婚式の二次会にワンピースで参加する際の注意点について紹介します。具体的な注意点を紹介する前に、まずは、どのようなケースであればワンピースで参加しても大丈夫か説明します。ワンピースで参加してもOKな場合は、レストランやカフェで行われたり、参加者が新郎と新婦の友人や会社の人が多かったり、立食パーティーだったり、挙式や披露宴ほどフォーマルではないケースです。ですので、招待されたら、まずは会場の規模や雰囲気などをリサーチすることをおすすめします。さて、カジュアルな場合であれば、フォーマルになりすぎず、かつ、上品さが演出できるワンピースは結婚式の二次会にふさわしい服装だと言えます。しかし、どんなものでも良い訳ではなく、やはりお祝いの場にふさわしい最低限の常識やマナーは押さえておく必要があります。以下では、具体的な注意点を2点、説明します。

【注意点1】華やかさを意識し、地味になりすぎない

注意点のひとつ目は、地味になりすぎないことです。二次会とはいえ結婚するお二人を祝福する場であることには変わりませんので、お祝いの場にふさわしい‘華やかさ’が必要です。具体的には、黒や紺など地味な色一色のものを着用する場合には、アクセサリーや靴、バッグなどでアクセントを付けると良いでしょう。また、素材で華やかさを演出する方法もあります。綿素材のものよりは、光沢があるサテン地や高級感のあるシルク素材などがおすすめです。ヘアスタイルにも気を付けましょう。ロングやミディアムヘアの人は、アップスタイルやハーフアップなど、きちんとヘアアレンジすることが大切です。ショートヘアの場合でもセットをしたりヘアアクセサリーを付けたりするだけで、華やかな印象になります。

【注意点2】主役の花嫁より目立たないよう心がける

注意点のふたつ目は、主役の新郎と新婦、特に花嫁の衣装よりも派手にならないことです。華やかさに欠け地味になりすぎるのはお祝いの場にふさわしくないとはいえ、やはり主役より目立ってしまうのはNGです。具体的には、花嫁のドレスと色がかぶりそうな白系のものは避けるのが無難です。たとえ二次会であっても、新婦がウエディングドレス姿を披露したり、白いドレスで参加したりすることは少なくありません。白い色はあくまでの花嫁のための色と心得ましょう。また、スカートの丈が短い、肩が出ている、胸が開いているなど、露出の多いものもお祝いの場にはふさわしくありません。ボレロやジャケット、カーディガンなどを羽織ることで上品さが演出できるので、上着を用意しておくと良いでしょう。